恋愛や人間関係、物質的な問題は、自身の心を見つめて行くことで解決へ向かいます。
ソウルナビゲーターとして、大阪にてセッションを行っています。
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
嵐が去るまで

暴風が吹き荒れる中の外出は、危険であるため
よほどの用事が無い限り、外出を控えることはあると思います。

それは、嵐はいずれ立ち去り、
晴れ間がやって来ることを知っているからです。


人との関わり合いの中でも、
相手の何等かの言動によって、
心の中に嵐が吹き荒れても、時間の経過と共に風は止むでしょう。
その時、じっと、風が止むのを待てるか、
嵐の中、外に飛び出すかによって、
開く扉が随分違って来るようです。

 

 

夏至の日

今日は夏至ですね。
昨夜のストロベリームーンとやらは、
雨が降っていた大阪では見ることが出来ませんでした。


なんやかんやと気忙しく過ごしていたら、6月になっていました。
私や息子、ニコも元気ですし、変わりなくセッションも行っています。
私などを気にかけ、連絡下さった方々有難うございます。
今後も、頻繁ではないペースで、
エゴの垂れ流しにならない程度に、
ブログ更新をして行こうと思っていますので、よろしくお願いします。


どうでもいい話ですが、
2カ月程、外に洗濯物を干せない日が続いているので、
数年前から欲しいな・・と思っていた除湿器を購入しました。
数年間、『部屋干し2時間で洗濯物が乾く!!』と言う宣伝文句を信じて疑わなかったのですが、
口の中は乾くものの・・
洗濯物は思っているより乾かないものですね・・・
私の使い方が間違っているのかもしれませんが、
何事も勝手に期待し過ぎは良くないなと思いました。


それでは、きっと暑くなるであろう夏を楽しく乗り切りましょうね。  

 

 

自然が教えてくれること
ここ数か月、近くに住む母と朝のウォーキングをしています。

ウォーキングと言っても、
喋りながらただ歩くだけですが・・



この周辺(寝屋川市)の桜は既に散ってしまいましたが、
柴桜はまだまだ綺麗に咲いています。




このお花、なんという名前だったか忘れてしまいました。
後日確認した所、シャクナゲでした。
シャクナゲとシャクヤクの花って似ていますね。
寝屋川公園で綺麗に咲いていました。



先日、あるとても可愛らしい方が素敵な気付きを教えてくれました。
彼女は、瞑想中に植物を見ていて
植物たちは、私が水をやり忘れても、
鉢が小さくなって窮屈でも、
文句なんて言わない。
それなのに、私たちは常に何かを批判しているな。とふと気付かれたそうです。
穏やかにお話される姿はとても綺麗だと感じました。



私たちは、『自分』が全てだ。と大きな勘違いをして生きています。
そして、勘違いを疑うことさえもしません。
しかし、小さな頭の中で、あぁだ、こうだ。と策を練るよりも、
何にも逆らわず、ただ自然に委ねる生き方の方が楽だと感じる今日この頃です。

 
ニコが優しい理由
飼い主が出掛ける際、猫が玄関まで見送るのは、
決して、寂しいからではなく、
狩りも出来ないのに、無防備にテリトリー内から出て行く仲間を心配しているらしい・・
とか、なんとか・・・
本当かどうか分かりませんが、どこかで聞きました。


自動車免許を取って3日目に、
原付バイクに乗っていて、
道路に落ちてた石で滑り、ついでに何故か川に落ち、
14針縫った息子に最近、優しいニコです。


卒業式でした
今日は、息子の卒業式でした。

暖かい校風の高校だったので、
多くの生徒さん、保護者の方、先生方が泣いておられました。

担任の先生が、
「みんな忘れっぽいから言っておくけど、人生は長丁場です。
決して、短期戦ではありません。
辛くなった時は、高校に入学した頃のことを思い出してみてください。
慣れなくてしんどかったでしょう。
慣れるまで1年とか、それ以上かかった人もいるでしょう。
新しい環境で慣れなくても、直ぐに答えが出なくても、
そこでもう無理だと諦めないこと。長期戦だと言うことを忘れないでください。」
と話をしてくれたのが、印象に残りました。

この春から、新しく環境が変わる方も多いと思います。
誰であっても、大なり小なり、変化にはストレスを感じてしまうものです。
その時に、自分は、何か始めた最初の頃を忘れてしまっている。
あの時は、今以上に何もわからなくて、怖かった。
だけど、時間の経過と共に慣れることが出来た。
これさえ覚えていれば、新しい環境で戸惑うことがあっても、
自分は大丈夫なんだ。と頑張れそうだな。と思いました。

皆の未来が光に包まれますように。