恋愛や人間関係、物質的な問題は、自身の心を見つめて行くことで解決へ向かいます。
ソウルナビゲーターとして、大阪にてセッションを行っています。
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
風邪は万能薬
先日、自分では買わないであろう高価な薬用ハーブドロップを頂いたので、
風邪をひいた時に試してみようとワクワクしていたら、
あっと言う間に風邪をひきました。(もうほとんど治っています。)
願いは叶うものですね・・

 

私は割と風邪をひいてしまう方なのですが、
数年前に病院で、風邪をひくことで発熱し、体に溜まった老廃物が燃やされ、
食欲がなくなることで、胃腸を休ませ、
消化活動に使われるエネルギーを本来人間に備わっている病気治癒の方向に使うので、
風邪をひくのは悪いことではない。
インフルエンザは別ですが、
下手に薬など飲んで症状は抑えない方が良いと聞いてから、
風邪を悪者扱いせず、経過を見守るようにしています。

 

当然、薬で症状を抑えないので、治るまでに時間が掛かりますが、
断食時に似た、毒出し期間を経過した後は、体がすっきりするのを感じます。
あくまでも、私の個人の感想ですので、自己判断なさってくださいね。

 

ザ・ドキュメント 山奥ニートを見て思ったこと

先日、関西テレビ「ザ・ドキュメント」と言う番組で、
和歌山県の山奥で暮らす若者たちの特集を観ました。

「山奥ニート」とは、番組制作者側が考えた名前なのか、
人一倍繊細そうなリーダー格の男性が付けたのか分かりませんが、
色々と傷付き、自己否定して生きて来たであろう彼ら自身が、
ニートと言う言葉に含まれている、
否定的要素に強く影響を受けているような気がしてならなくて、
段々とテレビ画面を直視できなくなって行った。

番組の性質上仕方のないことなんだろうけど、大きなお世話だろうけど、
もっと自己肯定できるような構成にしてあげられなかったのかな?と思ってしまった。

価値観の違いでしかないけれど、
社会に出て、しっかりお金を稼がなければ人間失格?
どのような形であっても、生きていけてるのであれば、良くないのかな。
朝起きて、今日したいことを自由に選べるなんて
人生勝ち組なんじゃないのか。そんな風に思った。

有名大学を出たら、優秀な人間?
大企業に入ったら、大物?
高価なブランド品を持ったら、高価な人間?
そうではないだろう。
誰かの価値観で生きなくていい。
今の自分を誰かのせいにせず、自分で選択したものに責任を持てばいいだけだ。

 

山奥で暮らす。そんな環境が与えられているなら楽しめばいい。
皆、それぞれの生き方があるから良くて、成長しない人なんていない。
私を含め、皆、今いる場所が自分にとって学ぶことが一番多い場所なんだから。

 

そんな風に思いながら、
この子たちが自分の息子だったらどうだろうか?と考えた時、
自分の息子だったら・・それは心配に決まっている。
だけど、息子がどこで何をしていても、きっと私は心配するだろう。
例え、それが社会的に成功と言われる職業に就いていたとしても、
同じだろうな。と思いました。

いっぱい悩んで、悩んで、悩みまくって・・
そのうち底まで辿りついて・・
その後、上がって来たらいい。

嵐が去るまで

暴風が吹き荒れる中の外出は、危険であるため
よほどの用事が無い限り、外出を控えることはあると思います。

それは、嵐はいずれ立ち去り、
晴れ間がやって来ることを知っているからです。


人との関わり合いの中でも、
相手の何等かの言動によって、
心の中に嵐が吹き荒れても、時間の経過と共に風は止むでしょう。
その時、じっと、風が止むのを待てるか、
嵐の中、外に飛び出すかによって、
開く扉が随分違って来るようです。

 

 

夏至の日

今日は夏至ですね。
昨夜のストロベリームーンとやらは、
雨が降っていた大阪では見ることが出来ませんでした。


なんやかんやと気忙しく過ごしていたら、6月になっていました。
私や息子、ニコも元気ですし、変わりなくセッションも行っています。
私などを気にかけ、連絡下さった方々有難うございます。
今後も、頻繁ではないペースで、
エゴの垂れ流しにならない程度に、
ブログ更新をして行こうと思っていますので、よろしくお願いします。


どうでもいい話ですが、
2カ月程、外に洗濯物を干せない日が続いているので、
数年前から欲しいな・・と思っていた除湿器を購入しました。
数年間、『部屋干し2時間で洗濯物が乾く!!』と言う宣伝文句を信じて疑わなかったのですが、
口の中は乾くものの・・
洗濯物は思っているより乾かないものですね・・・
私の使い方が間違っているのかもしれませんが、
何事も勝手に期待し過ぎは良くないなと思いました。


それでは、きっと暑くなるであろう夏を楽しく乗り切りましょうね。  

 

 

自然が教えてくれること
ここ数か月、近くに住む母と朝のウォーキングをしています。

ウォーキングと言っても、
喋りながらただ歩くだけですが・・



この周辺(寝屋川市)の桜は既に散ってしまいましたが、
柴桜はまだまだ綺麗に咲いています。




このお花、なんという名前だったか忘れてしまいました。
後日確認した所、シャクナゲでした。
シャクナゲとシャクヤクの花って似ていますね。
寝屋川公園で綺麗に咲いていました。



先日、あるとても可愛らしい方が素敵な気付きを教えてくれました。
彼女は、瞑想中に植物を見ていて
植物たちは、私が水をやり忘れても、
鉢が小さくなって窮屈でも、
文句なんて言わない。
それなのに、私たちは常に何かを批判しているな。とふと気付かれたそうです。
穏やかにお話される姿はとても綺麗だと感じました。



私たちは、『自分』が全てだ。と大きな勘違いをして生きています。
そして、勘違いを疑うことさえもしません。
しかし、小さな頭の中で、あぁだ、こうだ。と策を練るよりも、
何にも逆らわず、ただ自然に委ねる生き方の方が楽だと感じる今日この頃です。